南のカーニバル 20P(72.7×53㎝) 後藤又兵衛 作

$10,254.00

この作品は、ミクストメディア技法を用いて、祝祭の喜びと個人的な思索を同時に表現しています。

マラカスと仮面を持った男性の姿は、南国のカーニバルの情熱的な雰囲気を体現しています。しかし、彼の表情にはどこか遠くを見つめるような内省的な面があり、祭りの喧騒の中にも彼の個人的な感情や思いがあることを示唆しています。

背景には、三日月と流れ星が描かれ、カーニバルの活気とは対照的な静けさと神秘性を作品にもたらしています。流れ星は、一時的ながらも鮮やかな輝きを放ち、人々の願いや夢を象徴しています。

 この作品は、カーニバルの活気と個人の深い感情の対比が描かれている興味深い作品といえるでしょう。

 

1925年 愛知県一宮市に生まれる

1943年 太平洋美術学校で学ぶ

1955年 養清堂画廊(東京・銀座)で初個展 ,56,57

1957年 羽黒洞画廊(東京・銀座)、フォルム画廊(東京・銀座)で個展

ガンブスギャラリー サンフランシスコで個展

1958年 一宮商工会議所(愛知)、 Petite Galerie NY 、 セントラルギャラリーNYで個展、コロンビア州立美術館出品

フォルム画廊(東京・銀座)、豊田ビル画廊(名古屋)で個展

1959年 個展「失楽園」フォルム画廊(東京・銀座) 、ヒューストン美術館招待作品

1960年 不忍画廊(東京)で個展 ,61,62 、マリーワシントン大学招待作品、アメリカン ウォーターカラー協会展招待作品

1962年 マリーワシントン大学招待作品、アメリカン ウォーターカラー協会展招待作品、ペンシルベニア ウォーターカラー協会展招待作品、ネスラーギャラリー ニューヨークで個展、レイモンド・バーギャラリー ハリウッドで個展、ヒューストン美術館出品、ワシントンウォーターカラー協会展出品(レンブラント特別賞受賞)、ファインギャラリーシカゴで個展、シルバーギャラリーサンタバーバラで個展

1963年 フジヰ画廊(東京)で個展、イマイ画廊(神戸)で個展 ,65,67

1964年 日動画廊(名古屋)で個展 ,66 、柊画廊(東京)で個展

1965年 不忍画廊(東京)「円形タブロー」展出品、東京文化画廊(東京)新作展、銀座画廊(東京)「アートブレーキ」展

1966年 中宮画廊(大阪)で個展

1967年 みゆき画廊(東京)で個展 ,68

1968年 山形松坂屋(山形)で個展

1969年 伊勢丹(東京)で個展 、山木美術(大阪)で個展 ,75,77,84

1970年 ギャラリーヤマキ(東京)「エクセーホモ」展

ギャラリーデュールより「MGoto銅版画集」出版

1971年 薔薇画廊 「エッチング」展

1972年 薔薇画廊 「人間 その愛と孤独」展

薔薇画廊 「ミニアチュールの世界」展

1973年:薔薇画廊 「隣人・忘れえぬ人々」展

薔薇画廊 「油彩・水彩・水彩デッサン」展

1974年 日動画廊(名古屋)「宇宙」展 ※1983年の第10回迄毎年出品

1975年 後藤又兵衛1950年-1975年展 Yamaki Gallery (大阪)

1976年 薔薇画廊で個展 ,77

日動画廊(名古屋)より「後藤又兵衛銅版画集」出版

1978年 薔薇画廊「日用の糧を今日もわれらに」展

1979年 薔薇画廊 「連作 戦争」展

1980年 薔薇画廊 「連作 芸人」展

菊地貞三詩集「淋しがりやの宇宙人」挿画

1982年 薔薇画廊 「後藤又兵衛の世界」展

1984年 山木美術(大阪)で個展

1985年 薔薇画廊 「流竄(るざん)-紙との出合」展

1990年 メモリーズギャラリー(名古屋) 現代美術5人展

1994年 薔薇画廊 新作展 「アポリアの狩人」

1996年 薔薇画廊 / ギャラリーるぽ 「後藤又兵衛 ふるさと」展

2001年 薔薇画廊 「世紀をこえて」展

2002年 77歳にて死去

 

2003年 山木美術(大阪) 後藤又兵衛 遺作展

2008年 日動画廊(名古屋) 後藤又兵衛 遺作展

2012年 清須市はるひ美術館(愛知) 収蔵作品展

2020年 薔薇画廊 令和・後藤又兵衛 展

2022年 薔薇画廊 後藤又兵衛 回顧展