191Untitled  21.5×25cm ハノロール・バロン 作

$373.00

 「コラージュを作り上げた背景には、現代の社会問題や存在の不確かさに対する関心があります。

箱のコンストラクションや布のコラージュで使用する材料は非常に気を使って集めます。古い布や箱を使うのは、新しい素材には古びた情感が欠けており、ドライで冷たい感じがするからです。

私は自分の満足を得るために作品を作ります。

その作品が展示されて人々に受け入れられるのは、私にとって驚きであり偶然の一致というべきものです。というのも最初からそう願って作品を作っているのではないのです。」

ハノロール・バロンの言葉より

 

1926年 ドイツに生まれる

1939年 不法に国境を越えてルクセンブルクに入国(ナチス・ドイツの迫害から逃れる為)

1941年 ニューヨークに移住

1945年 マンハッタンのシュトラウベンミュラー繊維高等学校卒業(卒業するまでに、独学で抽象的な絵画を制作するようになる)

1950年代後半~ 最初のコラージュを作り始める

1969 年 アルスター カウンティ コミュニティ カレッジで個展開催

1970 年代~ 作品が批評家の称賛を集め、米国、ヨーロッパ、日本のギャラリーや美術館で展示

1977年 ニューヨークのカテリン・マーケル・ギャラリーに作品の展示を始める

1981年 ニューヨーク州バッファロのブライトーノウ・メンバーズギャラリーにて個展開催

1982年 展示場所をニューヨークのシュレレジンジャー・ギャラリーに移動

西ドイツ、サールブルッケンのサールランド美術館で個展開催

1987年 死去

 

1995 年 ニューヨークのソロモン R. グッゲンハイム美術館で回顧展開催

※ソロモン・R・グッゲンハイム美術館、ホイットニー美術館、ロサンゼルス郡立美術館、シカゴ美術館、サンフランシスコ近代美術館、ボストン美術館、ミネアポリス美術館、エルサレムのイスラエル博物館などに作品が収蔵されている