5月の安曇野 8P(45.5×33.3㎝) 松下久信 作

¥176,000

この油彩画は、春の終わりから初夏にかけての風景を捉えています。

絵画には、緑に覆われた平野が広がり、背景には雄大な白い山々がそびえ立っています。

画面の構成は開放的で、広がる道と平野、そして山並みが一体となって、この地域特有の豊かな自然環境を表しています。画面前方の道は、観る者を絵の中へといざなうかのように曲がりくねっています。

作者の筆遣いは自然の瑞々しさと、明るい日差しの温もりを感じさせる色彩で描かれており、五月の安曇野の美しさを見事に表現しています。

 

1941年 石川県金沢市に生まれる

1983年 慈彩会会員となる

1985年 一水会展山下奨励賞受賞

1986年 一水会展石井奨励賞受賞

1989年 一水会会友となる

1990年 現代洋画精鋭選抜展銅賞受賞

1996年 石川県展香林坊ロータリークラブ賞受賞

日展金沢展北国新聞社奨励賞受賞

1997年 日展会友となる

1998年 一水会展佳作賞個展(日本橋三越)

2001年 現代美術展無鑑査出品

2002年 一水会会員となる

2003年 日展特選(’08

2006年 一水会展会員佳作賞受賞


現在  一水会常任委員 日展会員