ふくろうの鳴く夜に 10F(53×45.5㎝) 瓜南直子 作

$2,719.00

そこは、食物連鎖の頂点に立つフクロウが生息する、自然が豊かで調和のとれた場所です。

地には水溜まりが広がり、その上には鞄のような物体が配置されています。その物体の上に、人のような存在がゆったりと寝そべっていますが、その存在はどうやらその土地の精霊のようです。精霊は手に猫じゃらしのような植物を持ち、物思いに耽っている様子です。

フクロウの鳴き声が聞こえる静かで穏やかな夜の世界は、鑑賞者の心を安らかで心地よいものにしてくれるでしょう。

 

1955年 石川県穴水町に生まれ

1980年 東京芸術大学美術学部工芸科(鍛金専攻)卒業

1982年 鎌倉に住む

30代以降は鎌倉市に定住し、有元利夫の影響を受けて日本画を基調とした絵画の制作を行なうようになった 

芥川賞作家の藤沢周、詩人の城戸朱理、文芸評論家の富岡幸一郎など地元鎌倉の文化人などと交流し、2012年1月に死去した日本画家の小泉淳作からは画材を遺贈されていた

2012年 64日、病により急逝  享年56

 

絵を担当した著作に、『ねこが見た話』(福音館書店)、『ぼっこ』(偕成社)、『あやしが丘のおばけらんど』(文研出版)などがある