シャンゼリゼ通り 水彩 40×29㎝ 浜 征彦 作

¥55,000

作者の作品はしばしばパリの街並みを捉えており、この作品も例外ではありません。

鮮やかな色使いとゆるやかな線で、パリの有名な通りの一角を表現しています。

画面の中央に描かれているのは、シャンゼリゼ通りの建物と思しきもので、その前には人々が集う様子が描かれています。木々の緑が通りの活気を増しており、建物の窓一つ一つには、都市の生活の喧騒が映し出されています。

作者はこの作品で、都市のエネルギーと共に、その場所固有の雰囲気を捉えています。明るい色彩と自由な筆致は、パリの街角での日常生活の躍動感を捉えており、観る者にその場の魅力を伝えています。


1938年 長野県諏訪市に生まれる

1958年 上京して東京YMCAの夜学部で学ぶ

1960年 二科展に初出品

1965年 「伊邪邦岐(イザナギ)・伊邪邦美(イザナミ)」が二科展で初入選(以後、毎年入選)

1968年 初渡仏

1970年  「パリの新聞売り」で二科展50周年記念賞受賞

1971年  「教会の結婚式」で二科展特選受賞

銀座薔薇画廊にスカウトされ、薔薇画廊専属となる

1972年  「歩行者天国」で二科展パリ賞受賞し、副賞として5年間のパリ留学の権利を与えられる

1974年 薔薇画廊「浜征彦・パリの詩と心」展 開催

1975年 薔薇画廊「浜征彦・パリからの便り」展 開催

1976年 留学中、フランス・サロン・ドートンヌ賞受賞 

1977年  帰国

 (以後、数十回に及び渡仏)

1978年 二科会会友に推挙(以後二科展に無審査出品、銀座薔薇画廊や新宿伊勢丹デパートにて個展を継続的に開催)

1979年 薔薇画廊「浜征彦展・ベニスの詩」展 開催

1983年 薔薇画廊「浜征彦・新作展」開催

1986年 フランス・ル・サロン展〈フランス芸術家協会〉(旧サロン・ド・パリ)入選週刊ポスト誌に「将来の日本画壇を担う5人の若き画家」に掲載される

1988年 一枚の繪 第17回現代洋画精鋭選抜展に出品「銀座カンチュラタン(カルチェ・ラタン)」で銀賞受賞

1990年 二科展二科会会友賞受賞

二科会長野県支部長就任

諏訪まるみつ百貨店、みやこ美術を始め、各地で個展を開催

2018年 諏訪市で死去 享年80


2019年 1月、茅野駅内ベルビア内みやこ美術で追悼展開催