夏のかんばせ 10F(53×45.5㎝) 瓜南直子 作

$2,719.00

異世界のような場所に、不思議な存在が描かれています。その姿は人間とも、神聖な存在ともつかないもので、場所とよく調和しています。

絵の中で、朝顔の花は美しく咲き誇り、蔓をその存在の腕に委ねています。 一日花である朝顔は短い生命の中で、その神秘的な存在と共に、美しさと儚さを享受しているかのようです。

鑑賞者にとって「夏のかんばせ」という作品は、その場所が現実でも、また夢の中であっても、心に深く響くことでしょう。

 

1955年 石川県穴水町に生まれ

1980年 東京芸術大学美術学部工芸科(鍛金専攻)卒業

1982年 鎌倉に住む

30代以降は鎌倉市に定住し、有元利夫の影響を受けて日本画を基調とした絵画の制作を行なうようになった 

芥川賞作家の藤沢周、詩人の城戸朱理、文芸評論家の富岡幸一郎など地元鎌倉の文化人などと交流し、2012年1月に死去した日本画家の小泉淳作からは画材を遺贈されていた

2012年 64日、病により急逝  享年56

 

絵を担当した著作に、『ねこが見た話』(福音館書店)、『ぼっこ』(偕成社)、『あやしが丘のおばけらんど』(文研出版)などがある